あいたび

江戸時代から続く繊細な工芸、京つまみ細工のかんざしを作ろう【京都・左京区】

ポイント
  1. 江戸時代から続く伝統的なつまみ細工が体験できる
  2. かんざしには様々なタイプがあり好みのものが作れる
  3. コサージュやブローチなどなど様々な物が作れる

京都

About this plan このプランについて

京都にある「京つまみ細工体験処凸凹庵」での花かんざし作り体験をご紹介します。つまみ細工とは、ちりめんや着物の古生地などを正方形の小さな布にして折り、草花などを表現する繊細な手芸の技法です。

Read more...

http://dekobokoan.seesaa.net/

江戸時代から続くこの技法は2種類の技法を組み合わせて多彩な世界を表現できます。現代では舞妓さんの花かんざしに使われるつまみ細工では、かんざし以外にもブローチやコサージュなどを作ることができます。今回体験させていただく凸凹庵では、太秦映画村で薄桜鬼とコラボした花かんざしの販売もしておられますので、技術的にも安心できる体験場所であると思います。

着物を着る機会の減ってしまった現代の私たちでは、普段中々着物を着てかんざしを付けるという場面がありませんよね。しかし、今回はコサージュタイプや櫛タイプなど様々な種類の中から作りたいものを選ぶことができますので、普段からお使いいただける物が作れると思います。

ライター アプリコット【ライター】

年に数回旅行に行きたいと考えている主婦です。せっかくの旅行ですから思い出に残る体験や経験ができればいいなと思っています。趣味はハンドメイドでアクセサリーやお菓子を作ることですが、好奇心旺盛でアウトドアも大好きなので、私自身も新たな発見をしながら皆さんに素敵なイベントをご紹介できればと思います。

Plan detail プラン詳細

つまみ細工で作る花かんざし

料金
¥3,000~
開催期間
空き状況を確認
集合場所
京都市左京区浄土寺上馬場町103番地
所要時間
90分
MAP

Reviews レビュー

レビューを投稿する

閉じる

Post a review

Upload photo

☆の評価もつけましょう。

No Reviews