あいたび

日本で生まれた『トリックアート』は那須が発信地。3つの美術館で『見て!触って!錯覚体験!』【栃木・那須】

立体的に見える絵画や目の錯覚を利用して楽しく遊ぶ、不思議なトリックアート美術館。 日本最大のトリックアートのテーマパークである「那須とりっくあーとぴあ」へ、カメラを持って遊びに行こう!

ポイント
  1. テーマ別にトリックアートの3つの美術館がそろう!
  2. 美術館だけどワイワイ楽しく写真が撮れる!
  3. 制作風景を見られるのはアトリエのある那須だけ!

栃木

About this plan このプランについて

トリックアートとは、人間の錯覚を利用することにより、「立体に見える絵画」や「みる角度によってまったく違った印象になる作品」、さらには「中に入ることで錯覚を体感できる作品」等、ちょっと不思議で楽しめる『体験型アート』。実はこのトリックアートは日本で生まれた言葉であり概念なんです。中でもここは現存する最古のトリックアート美術館。作品と一緒に写真を撮ることで完成する不思議な世界をぜひ体験して下さい♪

★トリックアートの遊び方~錯覚を体感する~★
部屋に入って全身で錯覚を感じることができちゃうトリックアートもいかがでしょうか?大きくなれたり、小さくなれたり…、錯覚の世界で遊んじゃおう♪

Read more...

http://www.trick-art.jp/what/play.html

★トリックアートの遊び方~写真を撮って遊ぶ~★
作品の前でポーズを決めて写真をパチリ!面白い写真が撮れちゃいます。どんなポーズを取るかはあなた次第です!!

「那須とりっくあーとぴあ」は3つの美術館からなる、日本最大のトリックアートのテーマパーク。
「トリックアートの館」は遊園地や動物、水族館など、テーマパークをモチーフにした作品が多く、大人から子供までゲーム感覚で楽しめます。
「トリックアート迷宮?館」は魔法の世界(ファンタジーやマジック)をトリックアートで実現。作品やクイズなど楽しく遊べる作品がいっぱい。
「ミケランジェロ館」はイタリアルネサンスの3大巨匠(ミケランジェロ、ダヴィンチ、ラファエロ)の名作とトリックアートが融合。トリックアートの歴史や奥深さを感じられます。
制作工房もあるので、ここでしか見ることが出来ない制作の現場も楽しめます。

ライター えこP

東京に生まれ育ち、那須に移住。ムササビが頭上を飛ぶのんびりした地で暮らしています。街灯のない中、身に着けた特技は、夜の地面を見ただけで月の大きさがわかること。月夜の明るさに感謝♪年に一度のフルマラソン挑戦がてら日本各地を旅するのもお楽しみ。美味しいもの、見どころ満載の栃木の魅力を発信します!

Plan detail プラン詳細

トリックアート体験

料金
入館券  大人1,300円 小・中学生800円
2館共通券 大人2,000円 小・中学生1,300円
3館共通券 大人2,700円 小・中学生1,800円
未就学児 無料
開催期間
通常期間(4月~9月) 9:30~18:00夏期期間(8月)9:00~18:00 冬期期間(10月~3月)9:30~17:00 年中無休  ※改装等により休館の場合あり
集合場所
栃木県那須郡那須町高久甲5760
那須とりっくあーとぴあ ミケランジェロ館
所要時間
1時間~
MAP

Reviews レビュー

レビューを投稿する

閉じる

Post a review

Upload photo

☆の評価もつけましょう。

No Reviews